中文 >    |  English >    |   日本語 >   |   Deutsch >  |   Русский > |   Français >
 
トップページ 襄陽概況 国際交流 ニュース 友好都市 外国人の方へ お問い合わせ
 

音舞詩画は千年にわたって再び襄陽で再現 第八回襄陽諸葛亮文化観光フェスティバルは開幕

Source:   Date:2017 - 11 - 24

               

写真は『千古襄陽城』公演の写真。 新華網 肖進安 撮影

 

  新華網湖北襄陽11月16日配信(閔任之)  第八回襄陽諸葛亮文化観光フェスティバルが11月16日夜、湖北省襄陽市体育館で幕を開いたことが明らかになった。地域風情を取り入れた大規模な詩の朗読と舞踏のコラボパフォーマンス『千古襄陽城』は、開会式で正式に披露した。

 高くそびえる襄陽の古い城壁の下で、美しい漢江川はさらさらと流れていく。巨大なLEDスクリーンに映った街を流れる澄んだ川と舞台でパフォーマンスをする役者たちは、幻想と実物、動と静が交換し、飽くことなく千年の襄陽の物語を語っている。130人余りの襄陽地元役者の舞台演芸で与えてくれたビジュアルショーは、伝統と現代が互いに引き立てあう、人文と自然の調和が取れた美しい一枚一枚の襄陽像を見せる。

 『千古襄陽城』公演は6部分に分けられ、襄陽古都をキャリヤーとして、春夏秋冬の四季のカラーとシーンの変化を活かして、襄陽史上最も文化的に豊かで、名高く、伝説的な漢水川、三国、唐の詩と宋の絵、襄陽の戦及び天灯、コールラビ、黄酒等をイメージして生々しくパフォーマンスをした。公演は襄陽の漢水文化、荊楚文化、三国文化、商埠文化に焦点を当て、壮大で、心を動かされる舞台を作り出した。襄陽この歴史的文化名都と熱血ヒーローのあった都市に対する観客の美しい思い出を引き出し、美しくて趣あふれ、熱く燃える漢水風情を見せる。

 80分間の公演は観客を魅了した。舞台下の観客の喝采で公演が次第にクライマックスに達した。今回の公演で最大の見所は「襄陽元素」で、例えば天灯やコールラビ、襄陽黄酒、西皮腔(劇の曲調)、司老爺査街(演劇)等、とても親近感を覚えているとある観客が語った。この公演を通して、繁栄な文化と長い歴史のある、民風が純朴な襄陽が生き生きと目の前に現れてくる。

 襄陽市委員会常務委員会と宣伝部長の胡和平によると、今回の襄陽諸葛亮文化観光フェスティバルが今までと違って、バラエティーショーの形を捨て、開会式にゲストを招くことなど一切やめて、代わりに襄陽地元の文化特色と風情民情をアピールするパフォーマンスを行ったことがわかった。

 1993年から現在まで、襄陽では諸葛亮文化観光フェスティバルを七回も成功に開催した。今回の襄陽諸葛亮文化観光フェスティバルは18日まで続け、開会式の公演以外、「中国明清時代の城壁」の保全と利用対策検討会、2017中国大学生自動車フォーミュラ大会、「1000の旅行社が襄陽を見る」、中国書道名城・書道名家招待展及び全市民間アートショー等一連のイベントも行われる予定だ。

 

--- | Close | ---
 

 襄陽市人民政府著作権所有
中国湖北省襄陽市荊州路73号 電話:86-0710-3610510
メール:xiangyangws@126.com
(Manager)