中文 >    |  English >    |   日本語 >   |   Deutsch >  |   Русский > |   Français >
 
トップページ 襄陽概況 国際交流 ニュース 友好都市 外国人の方へ お問い合わせ
 

湖北襄陽桃花嶺の花の造形と唐傘 お正月の「田舎ツアー」が盛り上がり

Source:   Date:2018 - 01 - 03

                 

(記事・写真/ 周鉄兵) 12月11日、襄城区尹集郷姚庵村に位置する桃花嶺生態園は花の造形の世界と傘の海になった。
                 

                 

                  

  桃花嶺生態園は一万本以上の色とりどりの唐傘と数十万本のバラ、及び百ヶ所以上の花の造形を使って、村を綺麗に仕上げた。老若を問わず、周辺の近距離観光客を引き寄せ、閑散期にあった田舎ツアーを盛り上げ、田舎風景を満喫する。 花の造形とは、花の積み上げや配列、組み合わせなどにより、様々な型に作り上げる芸術作品だ。

                 

                   

                 

  唐傘は中華民族の伝統的な日常用傘で、使用歴は1000年を超える。手作りで加工した竹で骨を作り、桐から取った天然で防水作用のある油を塗布したリント紙で表面に糊付けする。唐傘は世界で最も古い傘で、すべて手作りで、天然な素材で作られた、古代中国人の知恵の結晶と言える。

                 

                    

  今よく使われているナイロンスチール製傘は19世紀にイギリス人が中国の唐傘の開閉原理に倣って、現代素材を採用し、工業化生産と改造によって作られている。携帯は便利で、値段も安いが、ただの命の宿らない工業製品だなと感じさせる。ナイロンスチール製傘にとって、伝統的な唐傘が醸し出す自然で上品な美感は比べものにならない。

                 

  道教の祭りではよく見かけるが、遮蔽のためにお神輿の上に唐傘を差したのは、唐傘が吉に赴き、悪いものをよける働きがあるからと聞かされる。
 
桃花嶺生態園の会長呉明国は、「襄陽市第一回花の造形・唐傘・フードフェスティバルが12月23日に盛大に幕を開く」と、その予定を記者に明かした。百万元を投入して作り上げた異なる雰囲気を営む独特なバラ景観と唐傘芸術景観は、ロマンティックで、幻想的な花の造形の世界を作り出す。ほかにもグルメ大会や、パラモーターショー、中国特色のあるお土産展示・販売、伝統的と現代的舞台ショー等いろんなイベントが開催されることになる。ここは花のロマンチックも、詩の雰囲気も、千年に渡る文化伝承を継ぐ唐傘の世界も満喫できる。その時、子供を連れて、あの人と手を繋いて、一緒に家族だけの幸せを楽しもう!!

                 

                 

                  

 

 

--- | Close | ---
 

 襄陽市人民政府著作権所有
中国湖北省襄陽市荊州路73号 電話:86-0710-3610510
メール:xiangyangws@126.com
(Manager)